ジェネリック医薬品と他国の市場

日本でのジェネリック医薬品のシェアは、決して高いとはいえません。

それは様々な理由が考えられますが、それはまだまだジェネリック医薬品を広める体制が整っていないのか、国民がジャネリック医薬品を受け入れる必要がないのかのどちらかなのかもしれませんね。

ただ、我が国ではジェネリック医薬品のシェアを引き上げる姿勢にあるようです。

その目標としては60パーセントのシェアの引き上げを掲げているらしいです。

なので、今後ジェネリック医薬品が私達の身近で多く使われるようになる可能性は十分にありますよ。

また、本国外のジェネリック医薬品の現状を見てみると、アメリカでは日本よりもそのシェアが大きいと思われます。

アメリカでは日本のような国民皆保険制度が存在しないために、先発医薬品よりもリーズナブルなジェネリック医薬品が受け入れやすいようですね。

実際アメリカのお国の方でも奨励をしており、病院に通う患者のお方がジェネリックを希望なさる事も多いそうですよ。

また、アメリカでは代替調剤がなんと全州で認められています。

代替調剤というのは医師が処方された薬とは別に、患者様が希望したのであれば薬剤師が後発医薬品で調合する事を指します。

このように日本とは別国のジェネリックの現状を見てみると、ジェネリックが世の中に多く浸透している事に気が付きます。

この記事ではアメリカ以外の欧米諸国においてのジェネリック医薬品の現状を知っておきましょう。

ドイツでも代替調剤が認められています。

けれど、医師が代替調剤不可と処方箋に記載すればその限りではありません。

また、ドイツでは州疾病金庫連合会と保険医協会の間で協定が結ばれて予算性が取られております。

2010年では予算ペースでジェネリックは数量ペースで80パーセントとなっておりますよ。

イギリスのイングランドでは、一般名処方のペースはジェネリックが62.2パーセント、先発医薬品錠剤は19.6パーセントとなっています。

代替錠剤に関していれば外来の院外処方では認められていません。

フランスでは1995年に基本政策が策定され、代替調剤を正式に認める事、薬局マージの優遇、参照価格制度の導入を展開されています。

1990年には代替調剤不可の記載がないなら大樹調剤可能となり、ジェネリック医薬品のマージンを先発医薬品と同様にされました。

2010年では数量ベースで62%になっておりますよ。

StumbleUpon にシェア
[`evernote` not found]
LinkedIn にシェア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です