どんなお薬にも副作用はある!

食べものにも、メイク用品にも、洋服に使われる素材にも、良い面と悪い面があります。
それはお薬も同じで、良い面だけではなく悪い面ももちろんあるのです。

ドラッグストアで購入できる市販薬や病院で処方されるお薬は極力副作用を抑えて作られていますが、人によっては副作用が出たり良い効果がなかったりします。

そんな【副作用】ですが、いったいどの程度悪い影響があるのか解説していきます。

副作用ってどういうこと?どんな作用があるの?

副作用と一概にいっても体にほとんど影響のないもの、数日で治まるもの、命に影響のあるものとお薬によって異なります。
一般的にドラッグストアなどで購入できる市販薬は副作用がほとんどない代わりに、病院で処方されるお薬よりも効果は薄くなっています。
症状が軽ければ市販薬でも十分治すことができますが、それでも治らない場合は多くの方が病院に行ってお薬を処方してもらいます。

そして処方薬を受け取るときに薬剤師からお薬についての説明を受けます。
飲み方・量・なにに効果があるのか・そして副作用について。

副作用の多くは【過大に】説明をされます。
それは副作用の効果が一概にいえるわけではないこと、人によって作用・副作用がバラバラなのが理由です。
だからといって「大丈夫だろう」と安易に思うのもよくありませんが、心配し過ぎて過敏になるのもよくありません。
気になることや心配なこと、飲み合わせ等はプロフェッショナルである薬剤師に聞くのが1番です。

お薬手帳は病院へ行く際は必ず持っていくようにしましょう。
作用・副作用について薬剤師がお薬手帳を見て、細かな判断をしてくれます。

日本で認可されているお薬は安全性が確保されているものだけ

お薬の安全性の基準は国によって異なります。
なので「欧米では認可されているのに、日本では処方してもらえない」ということもあり得て、その逆もまた然りです。

日本の安全性の基準はとても細かく、そしてとても厳しく定められています。
薬事法という法律に加え、厚生省でもお薬の臨床試験に対して細かな決めごとがあります。
何年もかけてこれらをクリアしたものだけが、医薬品として販売されることを許されるのです。

昨今【個人輸入】といって外国からお薬を輸入する方が増えています。
風邪薬に始まり、ダイエット薬や肌のお薬、内臓に効く薬など日本では認可を受けていないけれど海外では販売されている薬を海外から取り寄せることができるのです。

それはとても危険であることを覚えていてください。

まず日本で認可を受けて販売されているお薬は【日本人に合わせて】作られています。
1回に飲む量や、1個に含まれる量も【日本人の平均的な体重・体調】に合わせて作られているのです。
それぞれの国によってその基準は異なってくるので、飲む量もその国の基準で記載されています。飲み過ぎる・飲まなさ過ぎるということは十分にあり、飲み過ぎた場合には副作用が出てしまう可能性も高まってしまいます。

そして本当に怖いのは、副作用が出てしまった場合。
勝手に個人輸入をして勝手に飲み副作用が出ても、日本では認可をされていないお薬なら誰も責任を取ってくれません。
どんな副作用が出ようと、自分で責任を取らなければいけないのです。
副作用を治すための治療費も自分で賄わなければいけませんし、時間もお金も心もすり減ることになります。

どんな治療でも、どんな病気でも、お薬を飲むだけが全てではありません。
自分で【治す努力】をしなければどんなお薬も効かないのです。

まずはドラッグストアや病院に行ってプロフェッショナルである薬剤師さんや医師に相談してみましょう。
日本で販売されているお薬は販売されると同時にそれは【安全である】という証明でもあります。

副作用があるということを認識した上で、安全にお薬を飲もう!

いくら厳しい日本で認可されたお薬でも、必ず副作用はあります。
その上でできる【なるべく副作用を出さない方法】は、安全にお薬を飲むことです。

決められた量を守り、一度にまとめて飲んだりしないこと。
ジュースやお酒ではなくお水(ぬるま湯)で飲むこと。
間隔を空ける時間をきちんと守り、症状が治まるまで飲み続けること。
急な症状が出たらすぐに病院へ行くこと。
普段飲んでいないお薬や飲み合わせの分からないお薬を飲むときは、必ず薬剤師の判断を仰ぐこと。

自分でできる副作用を出さない方法は【用法用量を守ること】です。

100%安全なお薬はありませんが、ほとんどのものは安全にできています。
そのことを考慮した上で、正しくお薬を飲みましょう。

ジェネリック医薬品と他国の市場

日本でのジェネリック医薬品のシェアは、決して高いとはいえません。

それは様々な理由が考えられますが、それはまだまだジェネリック医薬品を広める体制が整っていないのか、国民がジャネリック医薬品を受け入れる必要がないのかのどちらかなのかもしれませんね。

ただ、我が国ではジェネリック医薬品のシェアを引き上げる姿勢にあるようです。

その目標としては60パーセントのシェアの引き上げを掲げているらしいです。

なので、今後ジェネリック医薬品が私達の身近で多く使われるようになる可能性は十分にありますよ。

また、本国外のジェネリック医薬品の現状を見てみると、アメリカでは日本よりもそのシェアが大きいと思われます。

アメリカでは日本のような国民皆保険制度が存在しないために、先発医薬品よりもリーズナブルなジェネリック医薬品が受け入れやすいようですね。

実際アメリカのお国の方でも奨励をしており、病院に通う患者のお方がジェネリックを希望なさる事も多いそうですよ。

また、アメリカでは代替調剤がなんと全州で認められています。

代替調剤というのは医師が処方された薬とは別に、患者様が希望したのであれば薬剤師が後発医薬品で調合する事を指します。

このように日本とは別国のジェネリックの現状を見てみると、ジェネリックが世の中に多く浸透している事に気が付きます。

この記事ではアメリカ以外の欧米諸国においてのジェネリック医薬品の現状を知っておきましょう。

ドイツでも代替調剤が認められています。

けれど、医師が代替調剤不可と処方箋に記載すればその限りではありません。

また、ドイツでは州疾病金庫連合会と保険医協会の間で協定が結ばれて予算性が取られております。

2010年では予算ペースでジェネリックは数量ペースで80パーセントとなっておりますよ。

イギリスのイングランドでは、一般名処方のペースはジェネリックが62.2パーセント、先発医薬品錠剤は19.6パーセントとなっています。

代替錠剤に関していれば外来の院外処方では認められていません。

フランスでは1995年に基本政策が策定され、代替調剤を正式に認める事、薬局マージの優遇、参照価格制度の導入を展開されています。

1990年には代替調剤不可の記載がないなら大樹調剤可能となり、ジェネリック医薬品のマージンを先発医薬品と同様にされました。

2010年では数量ベースで62%になっておりますよ。